自転車をコーティングしてみました

コーティングスミス店主です。


当店は狭い!


誰が何と言おうと、というか、誰も何も言わないくらいに狭い!!!


それでも通勤を楽にしたいのと、近隣出張ができるように考えると自転車を店舗に置きたい。


通常の大きさでは絶対無理なので、20インチの折りたたみ自転車(ミニベロ)を買いました。




ハンドルをたたんで・・・

ペダルをたたんで・・・


何とか奥まで入りました!


これで自転車で出張もさせていただけますので、ご依頼お待ちしております。




と、安モノですがせっかく自転車を買ったので、ガラスコーティングをしてみました。


まずはハンドル回り


ハンドル自体は汎用のコート剤、樹脂は白化を抑制するコート剤を使い分けてコーティングをしてみました。


どうですか?



未塗装樹脂のブレーキ部分も黒が沈んだ色になって、変速機の黒とも色がマッチングしていい感じに仕上がってませんか?


ハンドルは塗装面なのでキレイに輝いています。


ついでにベルも塗ってみました。

ハンドル同様に輝いていますね。


ちなみにブレーキはまだ塗る前の写真です。











結構調子が出てきたので、本体に突入



白いフレームは塗装がしっかりしているので外見に大きな変化はないですが、防汚効果が強く出ると思いますので、これからです。


サドルは撥水性の強いコート剤を入れてみました。白なので、撥水とあわせて防汚効果にも期待したいですね。


相当ズボンから色移りする部分だと思いますが、靴以上に過酷と思われる汚れが拭き取りでどの程度取れやすいのか楽しみです。




最後に別売りの泥除けをコーティング

上がコーティング済み、下が未施工。


超安い泥除けで樹脂の安物感(白っぽさ)満点でしたが、しっかり黒が沈んでくれて、ちょっと安っぽさが軽減されました。


これも撥水と防汚効果でお掃除がすごく楽になると思います。






今回はサンプルの意味もあったので街乗りのミニベロに過ぎたコーティングをしましたが、ロードバイクのような高級自転車やそのパーツには、ガラスコーティングはすごく適していると思います。

また、未塗装樹脂の白化はスクーターやバイクでもよく見かけますが、白化する前に施工すれば白化を抑制しますし白化樹脂の復活も可能なのでご相談に乗れます。

(白化は復活しますが傷は消えません)


今回施工したミニベロは、雨以外ならお店に置いていますので、気になる方は是非一度ご覧にお越しくださいね。





 

©2019-2020 by コーティングスミス 高槻センター街店