スニーカーコーティング

大阪・高槻市のガラスコーティング専門店コーティングスミス高槻センター街店です。


ここのところ大分と暖かくて過ごしやすいですね。


さて、当店はスマホのガラスコーティングだけではなく、レザーバッグやゴルフクラブなど、身の回りの様々なものへガラスコーティングができるので、北摂だけではなく神戸や滋賀、奈良といった遠方よりご来店になる方や東京などからの郵送依頼も多いです。


そんななか最近増えてきているのがスニーカーへのコーティングです。

当店にご来店いただいたお客様からも「ご自宅近くで断られた」「手塗り作業の店舗を探しててやっと見つけた」といった声も聞きますので、検討されている方も増えてるのかな?と、思っています。


今回は、当店のスニーカーコーティングについて、紹介させて頂きたいと思います。

※内容は「高槻センター街店」の内容となります。各店独立採算のため全てのコーティングスミスが同じ内容ではありませんのでご理解をお願いいたします。



まず、スニーカーコーティングのベネフィットですが

・汚れにくさと汚れ落ちの良さ

・弱撥水性

・皺・傷の軽減

といったところがあります。

汚れにくく取れやすいといった点が重宝がられているので、白系スニーカーの依頼が特に多いですね。


次に、当店で取り扱うガラスコーティングの方法には①手塗り吹付けの2種類あります。


①手塗りはスマホなどと同じように手塗りで作業ですが、ガラスや金属と違いレザーやファブリックの場合は染み込む素材となるのでコーティング剤を大量に消費するのとムラにならないように注意が必要です。また、素材によってはレザーの目にも気を使う必要もあり、技術だけではなくコストも時間も掛かりますが、濃度の高いコート剤を塗っていきますのでガラスコーティング本来の仕上がりとなり、高品質に仕上がります。


上記のような理由もあり、レザーやスニーカーで手塗りの作業ができる店舗は数が少ないようです。

②吹付けはエアブラシなどでガラスコート剤を文字通り吹付けていきます。素材の境目を気にせず繊維などでも一気に作業ができるのでムラにのみ気を付ければ非常に簡単で安価に作業ができますので、ガラスコーティング初心者のお客様向けと思います。但し、ガラスコーティングの濃度・品質は手塗りに遠く及びません。



ただ、作業難易度と手間は手塗りと比較して低いため吹付のみ導入しているという店舗もそれなりにあると思います。また、地味な手塗りより絵になるのでアイコンや動画で吹付作業やエアブラシを宣伝している店舗もたまに見かけますね。


当店の場合、元々手塗りのみの取扱いでしたが、吹付けも導入することでコンビネーションも可能となり、さまざまな素材へのガラスコーティングに対応します。近くの他店で断られてとわざわざ当店にご来店される方もいらっしゃいますので、是非一度ご相談ください。

そして、ガラスコーティング剤ですが一般的な無機質ものがメインで、無機質ガラスコートのため色の変化等は起こりません。

手塗りについては別に有機質のものの用意もあります。特徴として撥水防汚効果は強くなりますが硬く仕上がるのと、有機質を含むため経年による紫外線劣化で若干黄色くなります。

有色の素材ならわからないですし、白でも人によっては気にならない程度ですが、基本的には白には不向きといえます。

また、効果の持続期間も無機質のものより短くなります。

吹付けについてはガラスではないですが撥水力に特化したコーティング剤もあります。こちらはシリコン系の有機質コート剤となり時間の経過で若干黄変しますので、こちらも白には不向きといえます。


白については無機質のコート剤を第一推奨させていただいていますが、個人の感覚・ご希望もありますのでご相談のうえで決めていきます。


このあたり写真では伝わりにくいのでご検討される際は参考のためにサンプルもありますので、ぜひ見に来てください。


以上のように一口にスニーカーへのガラスコーティングといっても種類があります。吹付よりも手塗りのほうが高価な施工となりますが、当店の手塗りと同等かそれ以上の値段の吹付け施工をおこなうお店もありますので、値段だけでなく施工内容までご確認いただいて依頼されることをおすすめします。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示